豊島区池袋で会社設立・起業をお考えの方をサポート

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目2番1号アウルスクエア4階

お電話でのお問合せはこちら
03-6907-1394
受付時間
9:00~18:00 
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!

3.事業ドメインの決定②

これまで事業ドメインを決定するためにターゲット客層を絞り込み、商品の価値を見極めて、そのようなニーズのある商品が提供できる経営資源があるかということを考えていきましたが、事業ドメインを決定するためにはこれだけでは不十分です。

あとは競合他社の分析をし、物理的な事業を展開するエリアを考えて最終的な事業ドメインを決定しましょう。

 

競合相手の分析

ターゲット顧客の絞り込み、商品価値の見極め、経営資源の分析により大きなビジネスの方向性は見えてきましたが、つぎに市場において、あなたとバッティングする商品やサービスがあるかどうかを調査しましょう。

ここでは商品やサービスが完全に一致する競合だけではなく、あの商品やサービスの代替品となるものも含めて広い視野で競合となる相手を探していきます。

そして競合相手が見つかった段階であなたの事業との比較をしていきましょう。

例えば「ターゲット客層」「価格」「商品、サービスの質」「スキル」「知名度」「ブランド力」「販売方法」「強み、弱み」「商売のウリ」です。

これらを比較してあなたの事業の立ち位置を把握します。

そうすることで、あなたが打ち出すべき戦略の方向性が見えてきます。

物理的な事業エリアの検討

そして最後に物理的なエリアを検討します。

東京なのか政令指定都市なのか、地方都市なのかまたは板橋区や練馬区のみなのかという事業展開をするエリアを考えていきます。

ここではこれまで考えてきたターゲット客層の需要がある地域かということが重要なポイントになります。

特に店舗来店型のビジネスの場合、どこに出店するかが成功にかかわる一番大切な要素です。

少なくても店舗の周辺にどのくらいの人口があり、どういった属性の人々なのかというところは調べておきましょう。   

事業ドメインの決定

上記で「誰に」と「何を」ということを考えましたが、最後は「どうやって」ということを検討します。

市場が有望であり、需要がある商品が見えたとしても、あなた自身にそれを供給する技術やスキルがなければ競合他社には勝てません。 

つまり、自分がもっている経営資源(人材、商品や設備、資金)をもう一度見つめ直してみて、「どうやって」提供をすることができるかを考えてみましょう。

 

次なるスッテップ

ここまで考えてきた、ターゲット客層、商品価値、経営資源、競合相手、物理的なエリアを総合的に考えて事業ドメインを決定します。

あなたの事業が「誰に何をどうやって」売るのかを競合相手と物理的なエリアを加味して決定しましょう。

 

4.許認可の確認

 

 池袋会社設立相談センターTOP